ブログトップ

ピッコロシアター
e0080571_949147.jpg
先の土曜日、娘のピアノ発表会でピッコロシアターに行って来ました。
リハーサルについていって、大ホールの裏方も見ることができました。ステージのバックヤードの広さにびっくり。
なんでも若い演劇関係者たちが建築計画段階から参加していて、観る者ではなく演者の立場で設計された劇場だとか。

だから設備や充分なバックステージが確保されており、なんとステージ(もちろん両袖、後舞台ふくむ)は客席の2倍の広さがある。客席の傾斜もしっかりついていてステージがよく見えます。
400席に満たないこぢんまりしたホールですが、これぐらいが適正規模なのではないかと思います(座席からステージの距離や客席の傾斜角度などから考えると)。

1978年のオープン。建築デザイン的な見所がも少し欲しいところ。打設したコンクリートをはつってつくられた内外壁のテクスチャーは嫌いでないし、単一素材によるマッスを強調する方向性もわかりますが。

写真は階段室上部のトップライト。
[PR]
by O-noli | 2007-02-21 10:16 | 建築探訪

当サイトに含まれる全ての画像・文章の無断転載・使用を禁じます。
Copyright (c)[factory]/ All rights reserved.