ブログトップ

筆記具
最近気に入って使っている筆記具のこと。
仕事で使うのはやはりSTAEDTLERが多く、手放せないものになっていますが、それ以外で。

e0080571_1292784.jpg
3年程前くらいに発売されたuniのJETSTREAMシリーズ。新開発の油性インクは謳い文句のとおり、油性でありながら滑らかで速乾性、黒さも申し分ない。それまで書きやすさで選ぶとどうしても水性ジェルだったところ、JETSTREAMでボールペンの機能は完成したと僕は勝手に思っています。

現在はフリクションボールが大変売れているそうですが、それはボールペンとしては付加的な機能を開拓して成功したと見るべきもので、僕としては今のところ興味ありません。
e0080571_12101954.jpg
もう一つ、文具の老舗、銀座伊東屋のオリジナル商品、鉛筆の補助軸。4色あり、各色つや消しのしっとりしたカラーリングです。おしりの金属部分を回すことで鉛筆をホールドします。

2つに共通するのは、書き心地が良いこと、いわば機能性。手のFIT感、触り心地、素材感。あと見た目の良さ。当然のことながら、全てデザインということばに含まれる条件です。

条件という言葉を使いましたが、その通りどれも欠けてはいけない条件。愛着を持って使い続けられる道具が持っているべき条件だと思います。
[PR]
by O-noli | 2011-06-08 13:43 | 身の回りのカタチ

当サイトに含まれる全ての画像・文章の無断転載・使用を禁じます。
Copyright (c)[factory]/ All rights reserved.